子供の頃は将来社会に出て働くために


子供の頃は将来社会に出て働くために必要な知識を身につけるためにいろいろな事を学ぶことになります。


そして子供が知識を学ぶために行くところが学校です。

そして子供は年齢が上がることに学校で学ぶ知識も高度になっていきます。

また子供は義務教育として定められていて必ず行かなければならない学校もあります。

なぜならある程度学校に言っていろいろな知識を身に付けないと社会に出てからいろいろ困ってしまうからです。



そのため学校で学ぶということは非常に大事な事であると言えます。
そして子供がいろいろな知識を身につけるために学ぶ場所は学校だけではありません。



学校以外にも知識を身につけるためにいろいろな場所に行きます。



そして子供が学ぶ事は勉強だけでなくスポーツや音楽などいろいろな事があります。

そしてこれらを身につけるために教えてくれる先生のところに行って学ぶことになります。

そして子供が勉強、スポーツ、音楽などいろいろな事を学ぶために教えてくれる人のところに行って学ぶ事を習い事と言います。



そして特に子育てに力を入れている家庭の子供にはいろいろな知識を身につけさせるために複数の習い事をさせます。




そしていろいろな習い事をすることによっていろいろな事を身につけることができたり、また自分は何が向いてて、何が向いていないのかということも分かってきます。

そして子供の頃はいろいろな習い事をしていろいろな事を身に付けましょう。
それがやがて大人になった時にいろいろ役に立つからです。

https://www.youtube.com/user/cyoshida1231
http://www.senshu-u.ac.jp/support/extension_center/extension_course/koukaikouza2013/007811.html
https://staff.aist.go.jp/m.goto/PAPER/TIPSJ200701nakano1.pdf



Copyright (C) 2015 子供の頃は将来社会に出て働くために All Rights Reserved.