原子力は、地球上で最も効率の良いエネルギーです。


しかし、その扱いを少し間違ってしまいますと、取り返しのつかない事態にまでなりかねない諸刃の剣でもあります。

ですので現在、原子力に変わる新たなエネルギーの開発が世界中で活発に進んでいるのです。
原子力発電の一番のデメリットとは一体なんでしょうか。

原子力には危険な物質が副作用として含まれていますので、結果的にそれが環境破壊や人体への悪影響をもたらすことになってしまうということが、科学的にもわかっています。そして現在、原子力に変わるエネルギーとして最も注目を浴びているのは、クリーンなエネルギーを生み出す太陽光発電なのです。
太陽光発電には、再生可能エネルギーというものが使われています。

再生可能エネルギーは、地球上において自然から得ることの出来る、半永久的なエネルギーのことを言います。

このエネルギーの特徴は、自然から得ることの出来る性質上、どれだけ使ったとしても周りへの環境に対する悪影響がほとんどないということなのです。
では、なぜ太陽光発電だけが選ばれたのでしょうか。

自然から得ることの出来るエネルギーが再生可能エネルギーであるのならば、風力発電や水力発電も、十分原子力の代替エネルギーとして機能するはずです。なぜ太陽光発電でなくてはいけないのでしょうか。

実は、ここには明確な答えがあります。

それは、各々の電力供給量の違いなのです。
単純に、風力発電や水力発電というのは、太陽光発電の電力供給量に及ばないのです。

仮に風力発電や水力発電を原子力の代替として導入しても、原子力発電どころか、太陽光発電の電力供給量にも及ばないという結果が公式に発表されています。


つまり、現実的な視点から考えたときに一番理に適っているのは太陽光発電以外にないわけです。

さらに、太陽光発電の最大のメリットは、一般家庭における自家発電が容易に出来るということです。
もちろん、導入することによって一般家庭の電力料金は安くなりますし、電力会社の負担も軽減させることが出来ます。

こうした方法は、風力や水力では出来ないことなのです。

太陽光発電は、間違いなく次世代を担うクリーンなエネルギーです。

既に一般家庭にも導入されていますし、興味のある方は一度導入を考えてみてはいかがでしょうか。電力政策に関しては、各国ともに緊急の課題となっています。


石油燃料に依存した電力政策からの脱却を試みています。我が国も例外ではなく、原子力発電に依存していたかつての電力政策から脱却し、代わりとなる再生エネルギーの試験運用をすでに開始しています。さて、再生エネルギーの期待の星であるのは、太陽光発電です。

太陽光発電によって作られた電力の買取がすでに行われており、新しい電力エネルギーの開発に力を入れています。

喜ばしいことに、かつては資源を輸入する側の国であったアメリカや日本、そしてロシアといった国々において、新しいエネルギーとなるようなエネルギー資源が発見されています。

アメリカやロシアでは、シェールガスが大量に発見されたことにより、シェールガスを輸出すべく、その準備を開始しています。

そのため、今後共国際情勢も激しく変化していくことが予想されています。
他方、我が国の海域においては、メタンハイドレートが大量に発見されており、太陽光発電と同様に、期待の大ゲエネルギーとなることが見込まれています。

メタンハイドレートの調査については、かつては周辺諸国との摩擦を憂慮し、国は積極手に来関与して来ませんでした。


しかしながら、エネルギー問題の解決が緊急課題となり、国も重い腰を上げ、メタンハイドレートの運用に国家予算と人材を本格的に投入することが期待されています。

太陽光発電いついては、国が補助金を出すことで資金的に援助し、一般家庭への普及に力を入れています。
現在、法律によって電力会社が太陽光発電によって発電がなされた電力を、買い取る制度が設けられています。


太陽光発電によって発電された電力の価格は、現在、世界標準と比較すると、工学となっています。

太陽光発電の課題としては、太陽光発電に欠かすことのできないソーラーパネルの耐久力を高めることと、より発電効率を高め、発電コストを軽減することです。
今後共、再生エネルギーは注目の課題です。

http://faq-healthcare-omron.okbiz.okwave.jp/category/show/47?site_domain=wl
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/6497858.html
https://4meee.com/articles/view/241026

太陽光発電情報ならこちらのサイトです。

現時点で最高の太陽光発電のパネルに関する良い情報をご紹介するサイトです。





太陽光発電の施工について説明致します。